CTF入門 その2 (長田研アドベントカレンダー6日目)

M1の太田です。
さて、いろいろあって今日は12月9日ですね。
5日目の記事は某Dの先輩が某hatenaに匿名ダイアリーしたらしいです。
バランスボールについての記事でした。探してみて下さい。

CTF入門 その2

前回書いたCTF入門ですが、あれはコンピュータ寄りな内容だったので、今回はもうちょっと入門らしいこと書こうと思います。

CTFについて、前回は「セキュリティ技術を競うイベント」みたいに書いていたと思います。
でもCTFはコンピュータに限ったものではなくて、単なるなぞなぞみたいな問題も多数出題されるんです。

例えば、前回紹介したFlaggersの問題にこういうものがあります。
「タイトルは?
978410353422
978410353423
978410353425」
出題元URL

暗号みたいな感じですね。
今回はこれを解いてみたいと思います。

解いてみる

この数字でぐぐってみるとISBNという単語に当たります。
ISBNというのは書籍を特定するための番号で、学科で言えば学籍番号みたいなものです。

この数字が意味するところは…ぐぐると一発で出るので、これは自分で調べてみてください。

ついでに、ISBNにもチェックディジットがあったりするようです。
パリティっぽいですね。

これだけでは…

というわけでもう1つ解いてみます。
次の問題は以下の内容です。
「$ command1 | command2
答えは “|” を英語(小文字)で表記したものです。」
出題元URL

これはちょっとCUI触っていれば分かる通りですね。

終わりに

1つ目の問題でわかる通りですが、必ずしもコンピュータ関連の問題ばかりというわけではなく、いろいろな幅広い知識が求められる事が分かると思います。
他にもいろいろ、なぞなぞな要素だったり、それにコンピュータの知識が絡んでくるため、頭の体操とかにも良いかもしれないですね。

解いているうちに変な知識が増えてきて、すごく楽しいです。
面白そうだと感じた方は是非、CTFにチャレンジしてみてください。

511室に遊びにきてくれたら、教えきれる部分は教えます。
では、次はUMLかCSSの続きか…。
途中まで書いてるらしいUMLでもお願いしますかね。